婦人科Gynecologyについて

健康診断および婦人科一般診察を行っております。より精密な検査や手術が必要と判断されるときは、適切な病院へご紹介いたします。

診療内容

子宮がん検診

内診、子宮頚部細胞診、経腟(または経直腸)超音波検査をします。
ご希望があれば、子宮体がん検査も可能です。

新宿区、中野区子宮がん検診

内診、子宮頚部細胞診をします。オプションで経腟(または経直腸)超音波検査も可能です。
内診ではわかりにくい卵巣の状態が観察できますので、この機会にあわせてご利用ください。

外来診察について

当院では症状にあわせ、低用量ピル、ホルモン補充療法、黄体ホルモン放出子宮内システムなどのホルモン治療や漢方治療などを行っておりますので、ご相談ください。


  • 子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣腫瘍
  • 子宮頚管ポリープ
  • 月経不順
  • 不正出血
  • 月経困難症(月経時の下腹痛、腰痛、吐気、頭痛など)
  •  月経期間中にはさまざまな症状がみられます。
  •  子宮などの病気が原因になっていることもありますので、婦人科でご相談ください。
  •  鎮痛剤、漢方、低用量ピルの処方や、黄体ホルモン放出子宮内システムの装着などの
  •  治療方法があります。
  • 過多月経(経血量が多い)
  •  ナプキンが1時間ももたない、経血に大きな血のかたまりが混じるなどの症状があるときや、

  •  症状はないが鉄欠乏性貧血を指摘されたときは婦人科を受診してください。

     子宮筋腫などの子宮の病気が原因になっている場合があります。

  • 月経前症候群(PMS)
  •  月経前にみられる精神症状(いらいら、怒りっぽくなる、憂鬱など)や

  •  からだの症状(下腹部膨満感、腰痛など)で、月経がくると症状が消失します。

  •  日常生活に支障があるときはご相談ください。漢方や低用量ピルなどの治療があります。


更年期障害

  •  更年期は性成熟期から老年期への移行期で、閉経前後の10年間位をさします。
  •  この時期に顔のほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、動悸、易疲労感、頭痛、肩こり、
  •  不眠、いらいら、不安感、抑うつ症状などの更年期障害がよくみられますが、
  •  症状は多彩で、障害の程度も個人差があります。
  •  日常生活に支障があるときは漢方やホルモン補充療法で症状を緩和します。
    •  簡略更年期指数
    •   症状の程度に応じて自分で○をつけ、その点数を元にして合計点で治療方針を考えます。
    •   強:毎日のように出現
    •   中:毎週みられる
    •   弱:症状として強くはないがある
    •   上記のように考えてください。

        • 症 状
           ①顔がほてる 10 6 3 0
           ②汗をかきやすい 10 6 3 0
           ③腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0
           ④息切れ・動悸がする 12 8 4 0
           ⑤寝つきが悪い、眠りが浅い 14 9 5 0
           ⑥怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0
           ⑦くよくよしたり、憂うつになることがある 7 5 3 0
           ⑧頭痛・めまい・吐き気がよくある 7 5 3 0
           ⑨疲れやすい 7 4 2 0
           ⑩肩こり・腰痛・手足の痛みがある 7 5 3 0
           合計点

自己採点評価法
 0~25点   上手に更年期を過ごしています。これまでの生活を続けてましょう。
 26~50点   食事・運動などに注意を払い、生活様式なども無理をしないようにしましょう。
 51~65点  医師の診察を受け、生活指導・カウンセリング・薬物療法を受けた方がいいでしょう。
 66~80点  長期的な(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。
 81~100点   精密検査を受け更年期障害のみである場合は専門医での長期的な対応が必要でしょう。

  • 外陰部かゆみ、乾燥感、性交痛 ・帯下異常
  • 月経周期調節(自費診療)
  • 避妊相談(自費診療)・緊急避妊(自費診療)
  • 性感染症検査(自費診療→症状があれば保険適応となります)
  • HPV検査(自費診療)
  • 子宮頚癌ワクチン接種(自費診療)

低用量ピルについて

一般にピルと呼ばれる経口避妊薬は一般に女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の合剤です。通常は女性の生体内ではこの二つのホルモンは卵巣より分泌され、排卵がおき、月経が来るように調節されています。
経口避妊薬 (OC; oral contraceptives)はこの女性ホルモンを薬として服用することで、排卵を抑制し妊娠を防ぐものです。また、長年の研究でOCには月経困難症や子宮内膜症に対する治療効果があることが判明しました。そこで治療目的に使用される女性ホルモンの合剤を便宜的に区別してLEP (low dose estrogen progestin) と呼んでいます。その他の副効用としてOCには卵巣癌や子宮体癌、大腸癌のリスクを低下させる作用があること、またニキビの改善効果があることもわかっています。


100人の女性がOCを1年間飲み忘れなく、理想的に使用した場合妊娠するのは0.3人程度といわれています。男性用コンドームの場合は100人の女性が1年間使用すると2-15人妊娠すると報告されており、避妊法の中では効果が高いとされています。しかし飲み忘れがあると失敗率も上がるとされていますので注意が必要です。また、性感染症の予防効果はありませんので、感染予防には男性用コンドームの装着が必要になります。


OCの一般的な副作用には嘔気、乳房痛、不正出血がありますが、内服を継続していくと軽減する場合がほとんどです。また、頻度は低いですが重症な副作用に血栓症があります。一般的な血栓症の頻度は1年で10000人に3-5人程度ですが、OC内服中では10000人に 3-9人程度に上昇すると言われています。また、飲み始めの3ヶ月はもっともなりやすい時期と言われていますので、注意が必要です。血栓症の発症時は、足の片方だけのむくみ、 腫れや腹痛・胸痛・息苦しさ・頭痛などが出現する場合があります。おかしいと思ったらすぐに病院に連絡をして下さい。


40歳以上の高齢の方や喫煙者、肥満の方は血栓症のリスクが上昇するため、服用ができない場合があります。また心臓病や肝障害、片頭痛のある方、授乳中や産後4週間以内の方 も同様に内服できない場合があります。子宮・卵巣に病変がないことを確認するため、内服前には内診と経腟エコー検査を必須としています。内服後は年1回の内診・経腟エコー検査・子宮頸部細胞診を施行していきます。

ホルモン補充療法(HRT)とは

ホルモン補充療法(HRT)とは女性ホルモンであるエストロゲンの欠乏に伴う諸症状や 疾患の予防ないし治療を目的に考案された治療法です。
更年期には、卵巣機能の低下に伴い女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下し、ホットフラッシュや多汗、イライラ・抑うつなどの精神症状を始めとして多岐な症状が出現することがあります。症状が強く日常生活に支障がでる場合、ホルモン補充療法での治療が保険適応になります。またエストロゲンは骨密度を維持し、脂質代謝や認知機能にも有益な働きを保つことがわかっています。よって、閉経の時期が早い場合(45歳未満)は更年期症状がなくても、エストロゲン欠乏による機能低下を防ぐためにホルモン補充療法をすすめさせていただく場合があります。


ホルモン補充療法には乳癌や子宮体癌のリスクがあることが知られていますが、最近の研究では投与期間や投与方法でリスクを大幅に減らすことができることがわかっています。ホルモン補充療法ガイドラインでは、多くの研究結果より、乳癌については5年未満の 施行であれば有意な上昇は認めないと結論づけています。また子宮体癌に関しても黄体ホ ルモンとの併用投与によってリスクは上昇させないとされています。よって投与期間、投与方法については患者さんに説明・相談した上で、必要に応じてホルモン療法を開始していきます。万が一乳癌や子宮体癌がすでに存在していれば、ホルモン療法で増悪させる可能性がありますので、開始前の乳癌検査・子宮頸癌・体癌検査、採血を必須検査としています。また、治療中にも年1回の検査を必須としています。


ホルモン補充療法の一般的な副作用として、不正出血や乳房痛などがあります。症状が出現した場合には投与量や薬剤、スケジュールの変更で改善できる場合があります。また、投与方法には、パッチやジェルなどの経皮剤と内服の方法があります。月経の状況や閉経からの期間、症例に合わせて相談の上、提案させていただきます。重度の肝障害や血栓症・乳癌の既往など、ホルモン療法ができない(禁忌となる)場合もあります。また重度の高脂血症の場合や閉経後10年以上経過している場合などはホルモン補充療法による副作用が、メリットを上回る場合もありますので、治療を勧めない場合もあります。個々の患者さんと相談の上、症状の緩和に沿う様に進めさせて頂きます。

黄体ホルモン放出システム

黄体ホルモン放出子宮内システム(ミレーナ®)とは、T字型の子宮内システムです。
子宮内に留置することで、黄体ホルモンを持続的に放出し頚管粘液を減少させ、子宮内膜の増殖を抑制することで、精子の子宮内への侵入を防ぎ、受精卵の着床を妨げることで避妊効果を発揮します。また子宮内膜増殖の抑制を抑制することで月経量を減少させ、症状を改善させるため、子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮内膜増殖症による過多月経症状に効果があります。挿入より5年間効果があるため、順調であればピルなどの治療法よりも経済的な負担は少なくなる可能性があります。


黄体ホルモン放出子宮内システムは、膣を通って子宮内に挿入するものですが、装着は比較的容易で、外来の内診台で行い麻酔等の処置は要しません。しかし、クラミジアなどの子宮の入り口の感染がある場合には挿入によって感染を広げてしまう可能性があるため、挿入前に検査が必要です。また子宮の内膜が厚い場合は挿入前に子宮体部の癌検査を確認する場合もあります。
挿入時期としては妊娠していないことを確認し、不正出血の副作用を減少させるためにも月経3-6日目の挿入が推奨されます。装着後は不正出血や月経出血日数の延長が一時的に起こることがありますが、時間が経つと自然に改善することが多いです。

黄体ホルモン放出子宮内システムは、性感染症がある場合や骨盤腹膜炎の既往、子宮外妊娠の既往がある場合、HIVや糖尿病がある場合は禁忌とされています。また子宮筋腫、子宮奇形で子宮内の変形がある場合、経腟分娩歴がなく、若年で子宮が小さい場合は挿入困難や挿入後の脱出の可能性もあり、適応にならないことがあります。
また気づかないうちに腟内に脱出する可能性やごくまれですが子宮の壁や腹腔内に入り込んでしまうこと(腹腔内穿孔は1.4人/1000人)の可能性もあり、挿入中は定期的な超音波でのチェックが必要になります。

月経移動

試験やスポーツ大会、結婚式や家族旅行などのイベントがあり、月経がそれらのイベントに支障を来させる場合は、医学的に周期をコントロールすることがあります。調節法には月経周期を短縮させる場合と延長する2種類の場合があります。

短縮する場合は月経周期の3~7日目までに受診していただき、ホルモン剤を14日間程度内服します。ホルモン剤を内服し終わると月経が来るので、次の月経を1~2週間程度早めることができます。この場合月経を避けたいイベントがあるときにはホルモン剤を内服する必要も無く、比較的失敗も少ないと言われています。

月経からすでに8日目以上経過している場合は月経周期を延長させ、イベントが終わった後に生理を来させる方法をとります。月経から経過した日数で飲み始めるタイミングやホルモン剤の強さを決めていきます。また普段からピルを内服している方は、ピルの内服の調整で月経を調整できる可能性がありますので、ご相談ください。

尚、月経周期の調整は原則自費診療です。

緊急避妊法

緊急避妊法とは、避妊措置に失敗したまたは避妊措置を講じず性交した後に、妊娠を回避するために緊急的に用いるものです。性的暴行後や男性用コンドームの破損、ピル内服中の服用忘れや下痢などによる吸収障害の際にも併用されることがあります。

現在厚生労働省に認可されている避妊法として、レボノルゲスレル錠があります。これは避妊に失敗した性行為後72時間以内に黄体ホルモンであるこの薬を服用することで、排卵を遅延させ(5日間程度)、受精を防ぐというものです。(内服の前にすでに排卵している場合や、排卵を防ぎきれないものもあります。)
内服により避妊失敗時の妊娠は防いでも、その後排卵は起こるので、再度月経までに無防備な性交渉があれば妊娠する可能性があり、1回の妊娠阻止率は81%(妊娠率に換算すると1~2%)と言われています。
性行為より72時間以内が内服の適応となりますが、内服までの時間が早ければ早いほど効果は高いと言われています。副作用は悪心(3.6%)、下腹痛(1%)程度です。低用量ピルのように計画的に妊娠を予防するものではないので、頻回に使用する場合は低用量ピルをすすめさせていただく可能性があります。

婦人科の漢方治療について

女性には月経があるため、漢方診療においては血の異常が病態を考える上で重要であるとされます。
血が滞った状態である瘀血(おけつ)は更年期障害や月経前症候群、機能性月経困難症の病因であると考えられています。
普段の診察においても、検査上の異常がなくても月経や更年期に関連した症状で悩まされる患者さんは多く、また月経周期に関連した水の滞りによるむくみ・頭痛・腹痛・便秘などに悩まされる患者さんも少なくありません。漢方はこういった血や水のうっ滞を解消し効果をあらわすとともに、冷えやほてりなどの自律神経失調症状に効果があります。ホルモン剤の投与に抵抗がある患者さんには漢方のみで治療を開始することがあります。また、ピルやホルモン補充療法のみでは症状が完全に治まらない場合にも併用することがあります。

月経前症候群や更年期障害では自律神経失調症状とともに精神症状が強く出る場合があります。
漢方薬は気の流れを整え、鎮静・鎮痙作用を持つことで緊張状態をほぐし、イライラなどの諸症状に有効なものがあります。西洋の抗不安薬や睡眠薬は眠気や耐性(続けて使うと効きが悪くなってくる)といった副作用がありますが、漢方にはそのような副作用がないのも特徴的です。

婦人科で使う漢方薬の中には、女性ホルモンの働きを整えるため不妊治療に併用して使用されるものもあります。
中でも当帰芍薬散は妊娠した場合も安胎薬として流産防止に広く使用されてきました。本格的な不妊治療までは考えていないけれど、諸症状があり、女性ホルモンを整えたいという時にはいい適応になります。症状や患者さんの体質に合わせて処方いたしますので、是非ご相談下さい。

医師紹介

田嶋 わか奈(たじま わかな)
卒業大学 1996年 順天堂大学卒
主な経歴 1996年4月 
武蔵野赤十字病院初期研修
1998年4月 
順天堂大学産婦人科教室入局 
専門領域 女性のヘルスケア

受診される方へのメッセージ

土曜日の婦人科を担当させて頂きます。
月経痛、月経不順、月経量が多い等の月経トラブルや、不正出血、月経前の諸症状、更年期の症状、避妊、月経周期調節等、気になる症状がございましたら、お気軽にご相談下さい。
女性が健康に過ごせるようにお手伝いいたします。

竹島 信宏(たけしま のぶひろ)
卒業大学 1983年 山口大学卒
主な経歴 がん研究会有明病院 婦人科部長
専門領域 婦人科腫瘍専門医
産婦人科 内視鏡技術認定医

受診される方へのメッセージ

婦人科の悪性腫瘍を専門にしております。
当院では婦人科検診を主に行っておりおますが、婦人科癌に関するご相談にも応じたいと思います。

佐野 靖子(さの やすこ)
卒業大学 2010年 順天堂大学卒
主な経歴 2012年 
順天堂大学附属練馬病院 産婦人科 助手
2014年 
順天堂大学附属順天堂医院 産婦人科 助手
2017年 
社会福祉法人 賛育会 賛育会病院 産婦人科 医長
2019年 
順天堂大学産婦人科 非常勤助教
専門領域 日本産婦人科学会 専門医
医学博士
新生児蘇生法「専門」コース修了
がん診療に関わる医師に対する緩和ケア研修会修了

受診される方へのメッセージ

大学卒業後、大学病院から地域の中核病院で周産期や婦人科の良性・悪性疾患まで、広く研鑽を積んでまいりました。
婦人科の外来診療では、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜症の器質疾患に対して、ライフステージに合わせた適切な加療を提案させて頂きます。
また、更年期のホルモン補充療法や月経前症候群、月経不順の加療も得意としています。患者さん一人一人のライフスタイルに合わせた治療を心がけていきますので、よろしくお願いします。