ブログBlog

更年期障害のホルモン補充療法(前編)

  

 

こんにちは。
ミラザ新宿つるかめクリニックの佐野です。私は女性医学会(旧更年期学会)の専門医であり、一般の婦人科診察に加え女性のヘルスケアや更年期障害を専門としています。このブログでは2回に分けて、更年期障害とその治療について説明していきます。
 

更年期における変化と症状

更年期は閉経前後のそれぞれ5年間を指します。日本人女性の閉経の平均年齢は50歳なので一般的に45歳~55歳が更年期に当たります。

更年期になると、女性の体はどう変化するでしょうか。性成熟期の女性はふつう月に1度排卵をしています。排卵に伴い卵巣から出る女性ホルモンは子宮内膜を厚くし成熟させますが、妊娠が成立しないと子宮内膜は排出されます。これが月経です。更年期が近づくと卵巣の卵胞は減少していき、排卵をしなくなることが増えます。女性ホルモンの分泌も低下します。すると月経周期が短くなったり、逆に長くなったりします。月経以外の不正出血もしばしば起こるようになります。この月経周期の異常が最初に出てくる症状です。しばらくたつとホットフラッシュや異常発汗が起こります。その後は倦怠感・憂うつ・不眠などの精神症状も起きてくることがあります。  

閉経後数年が経過すると更年期症状自体は落ち着いてくる傾向にあります。しかしその後も女性ホルモンの減少による影響は続きます。老年期以降に起こる皮膚や腟の萎縮、動脈硬化、高血圧、骨粗鬆症などは加齢以外に女性ホルモンの欠乏によって引き起こされるとされています。

 

 

更年期障害の治療

女性ホルモンにはエストロゲンと黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。更年期症状は中でもエストロゲンの欠乏によって起こります。更年期障害の症状で日常生活に支障を来している場合、このエストロゲンを補充することで症状を緩和させることができます。これがホルモン補充療法(HRT)です。これ以外にホルモンを補充しなくても漢方や抗うつ剤が更年期症状に有効なこともあります。

 

ホルモン補充療法

更年期障害によるホットフラッシュや異常発汗、動悸などの症状を血管運動神経症状といいます。HRTは血管運動神経症状には第一選択となり、大変効果があります。他には不眠、腟萎縮、記憶力低下、精神症状、関節痛に有効であることがわかっています。女性ホルモンのエストロゲンには皮膚の水分量を増しキメを整えたり、骨を丈夫にしたり、血管を柔らかく保ったり、糖尿病や高脂血症になりにくくする効果もあります。HRTを更年期の治療で用いると、これらの副効用を期待することもできます。

治療の前に

  

HRTには副作用もあるため治療開始に当たっては、まず持病や合併症がないかを確認する必要があります。重度の肝疾患、乳癌、子宮体癌、血栓症や心筋梗塞、重度の動脈硬化がある方は禁忌(ホルモン剤を飲んではいけない)となります。病状を悪化させる可能性があるためです。肥満、閉経後10年以上経過している場合、胆石症などは慎重投与(禁忌ではないが投与に当たり慎重な注意が必要)となります。

子宮筋腫や子宮内膜症がある場合にHRTをすると悪化することもあります。このため治療前には婦人科内診や超音波検査で子宮・卵巣の確認をします。また、子宮頚癌・子宮体癌の検診と乳癌検診、血圧、身長、体重、採血検査(肝機能、脂質、血糖)は治療開始前の必須検査項目です。甲状腺の病気があると更年期と似たような症状が起きることがあります。動悸や頻脈、倦怠感の症状がある場合は甲状腺の採血も追加します。


今回のブログでは更年期の体の変化や更年期障害、HRTの治療前に必要なことについて解説をしました。次回はHRTの具体的な方法について説明をしていきたいと思います。

ブログ一覧に戻る

院内見学受付中!

見学も随時受け付けておりますので
お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら