院長ご挨拶

出身大学

久留米大学 2006年卒業

主な経歴

2006年  熊本市民病院 臨床研修
2008年  熊本大学附属病院 消化器内科 医員
2009年  済生会熊本病院 消化器病センター 医員
2012年  天草地域医療センター 消化器内科 医員
2016年  熊本労災病院 消化器内科 副部長
2019年  同      第三消化器内科 部長
2019年10月  医療法人社団つるかめ会 入職
2021年  1月  ミラザ新宿つるかめクリニック 院長

専門領域

日本内科学会認定医 日本消化器病学会専門医 日本消化器
内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医 がん治療認定医機構がん治療認定医
日本プライマリケア連合学会指導医
臨床研修指導医

ご挨拶

ミラザ新宿つるかめクリニックのホームページを訪れて頂き、ありがとうございます。

世の時世はなかなか落ち着く気配がありません。しかしその中でも我々クリニックがお役に立てることは必ずあると思います。

疾病の予防と治療。新型感染症禍でも、院内感染に細心の注意を払い、患者さんと健康診断受診者の健康を守る一助となるべく、「今だからできること」を全うしていきます。

 

私はこれまで九州の基幹病院にて、消化器系疾患を中心とした診療に携わってきました。

特に、がん患者さんの診療を生涯のライフワークとしております。

二人に一人ががんになる時代と言われています。今や決して珍しい病気ではなく、自身が罹患した時にどうするか、という事も予め考えておくべきでしょう。

そして働き盛りでがんに罹患するということも稀ではありません。最近では仕事をしながらがん治療を併せて行っていく、両立支援の動きも広がってきています。まだ課題は多い分野ではありますが、両立支援コーデイネーターなど職場と医療機関の調整を活躍の場とする役割も増えてきています。

このように社会全体でがん患者さんを支援する取り組みが進んでいくことを切に願います。

当クリニックは都心の小さな医療機関ではありますが、風邪などの感染症や高血圧、脂質異常症等の慢性疾患はもちろんのこと、がんでお悩みの患者さんのサポートにも微力ながら関わって行ければと思います。

                                                                    ミラザ新宿つるかめクリニック 院長 杉原 一明