鎮静剤や安定剤を使って苦痛のない内視鏡なら

消化器内科Gastroenterology

消化器内科Gastroenterologyについて

健康診断、外来診療において鎮静剤を使用した苦痛の少ない胃・大腸内視鏡検査を行っております。経鼻内視鏡も常備しており選択可能です。日帰りの胃・大腸ポリープ切除術、ピロリ菌検査にも対応しおります。
健康診断で指摘されたバリウム異常、肝機能障害から新型ウイルス性肝炎の治療など幅広く診察いたします。
また、下痢や便秘を繰り返し、患者さんの生活の質に大きく影を落とすストレス関連の胃腸障害にもしっかり向き合っていきます。

新宿区、胃がん検診

  胃カメラ:新宿区にお住いの50歳以上の方(2年に1回)
  バリウム:新宿区にお住いの40歳以上の方

新宿区、中野区大腸癌検診

  検便の検査をします。
  専用の検査キットを郵送または当院受付にてお渡しします。
  新宿区、中野区お住いの40歳以上の方が対象にとなります。

外来診療について


主な診察内容
●食道
 逆流性食道炎や好酸球食道炎の治療、食道異物除去

●胃
 ピロリ菌除菌治療、機能性胃腸障害の治療、日帰りポリープ切除
   ※胃の日帰りポリープ切除に関しては、一度医師の診察が必要です。

●大腸
 炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、日帰りポリープ切除、憩室炎や腸炎治療

●肝臓
 肝機能障害、脂肪肝、ウイルス性肝炎(B型・C型など)、自己免疫性肝炎の治療

●胆のう・膵臓
 ポリープやのう胞、結石などの定期経過観察

その他原因不明の腹痛や胃腸の不調など幅広く対応します。
各種アレルギーの舌下免疫療法も行っています。

主な治療

消化器内科領域では、主に、以下のような各臓器の炎症、結石、腫瘍などが原因で引き起こされる病気を治療しています。

食道 食道がん、逆流性食道炎、食道静脈瘤(りゅう)(※1)
胃潰瘍(かいよう)、胃がん
十二指腸 十二指腸潰瘍、十二指腸腫瘍(しゅよう)
小腸 原因不明の出血、小腸腫瘍、クローン病(※3)
大腸 大腸がん、大腸ポリープ、原因不明の出血、クローン病(※3)
肝臓 急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、ウイルス性肝炎(B型・C型など)、肝臓がん、肝内胆管がん
胆のう 急性胆のうがん、慢性胆のうがん、胆のうポリープ、胆のう結石、総胆管結石、胆のうがん、胆管がん
すい臓 急性すい炎、慢性すい炎、すい石、すい臓がん、内分泌系腫瘍(※4)

※1)肝硬変により食道粘膜内にある静脈がふくらみ、コブとなった部分が食道静脈瘤です。

※2)胆汁が十二指腸に入る部分を十二指腸乳頭部といい、この部分にできた腫瘍が十二指腸乳頭部腫 瘍です。

※3)潰瘍性大腸炎、クローン病は、消化管に原因不明の炎症をおこす慢性疾患です。

※4)内分泌系腫瘍は、ホルモンを分泌する細胞から発生する腫瘍です。

消化器内科での検査

  • 内視鏡検査と組織検査(胃カメラ、大腸カメラ)
  • 大腸ポリープ切除術
  • 腹部超音波検査
  • 胃部レントゲン(バリウム)検査

内視鏡検査の流れ(大腸内視鏡)

胃・食道内視鏡検査の流れ

消化器内科スケジュール 診療案内はこちらから

 
午前 窪澤
伊勢 福島 青木 1.中込
2.昭和大
(ローテーション)
3.伊勢
4.5福島

午後 窪澤 伊勢 福島 鈴木 1.中込
2.昭和大
(ローテーション)
3.伊勢
4.5福島

赤文字は女性医師です。
*表中の数字は第何週かを表します。

休診情報

  • 休診情報はありません。

医師紹介

福島 啓太
福島 啓太(ふくしま けいた)
卒業大学 宮崎大学医学部 2007年卒
主な経歴 2007年- 日産厚生会玉川病院

2008年- 東京医科歯科大学医学部附属病院

2009年- 国家公務員共済組合連合会東京共済病院

2011年- 東京医科歯科大学医学部附属病院

2016年- 新宿海上ビル診療所
専門領域 消化器内科全般、特に消化管疾患

日本内科学会 総合内科専門医

日本消化器病学会 消化器病専門医

日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医

日本消化管学会 胃腸科専門医

日本肝臓学会 肝臓専門医

東京医科歯科大学大学院博士課程修了

受診される方へのメッセージ

胃がん・大腸がんは日本人に多いがんでありますが、これらのがんの診断・治療には内視鏡が重要な役割を担っています。辛い検査というイメージが強く敬遠されがちですが、それを払拭するべく必要な方には鎮静剤も用いてできるだけ苦痛なく楽に検査を受けていただけるように心がけています。検査を受けられた方からの「前に受けたときより楽でした」「知人から辛いという話を聞かされていましたが大丈夫でした」というお言葉や、治療のために紹介させていただいた方から「早く見つけてくれたおかげで大事に至らずにすみました」というお言葉を頂戴いたしましたときには何よりの喜びを感じます。もちろん、内視鏡だけでなく消化器疾患全般を診療しておりますので、気になることがあれば何でもご相談ください。

PAGE TOP