鎮静剤や安定剤を使って苦痛のない内視鏡なら

消化器内科Gastroenterology

消化器内科Gastroenterologyについて

当クリニックでは、各種消化器がんの早期発見をモットーに掲げ、他にも胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ウイルス性肝炎、総胆管結石、そして近年増加の一途にある炎症性腸疾患などの発見・治療に努めています。
検査機材は経鼻内視鏡、経口内視鏡、腹部超音波などの最新設備を整えております。
特に内視鏡検査につきましては、経鼻内視鏡の導入、鎮静剤・安定剤の使用など、苦痛の少ない検査をご提供できるよう様々な工夫を行っております。

胃カメラ検査は、検査時に胃の組織を採取してがん組織がないかを調べたり、胃潰瘍や胃がんにつながるピロリ菌の有無を調べることができます。
大腸カメラ検査では、組織検査に加え、出血のおそれの少ないポリープはその場で切除することも可能です。検査の結果、手術や入院治療が必要な患者さんには、部位や症状に応じて、信頼できる提携大学病院・総合病院へご紹介を行っております。

主な治療

消化器内科領域では、主に、以下のような各臓器の炎症、結石、腫瘍などが原因で引き起こされる病気を治療しています。

食道 食道がん、逆流性食道炎、食道静脈瘤(りゅう)(※1)
胃潰瘍(かいよう)、胃がん
十二指腸 十二指腸潰瘍、十二指腸腫瘍(しゅよう)
小腸 原因不明の出血、小腸腫瘍、クローン病(※3)
大腸 大腸がん、大腸ポリープ、原因不明の出血、クローン病(※3)
肝臓 急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、ウイルス性肝炎(B型・C型など)、肝臓がん、肝内胆管がん
胆のう 急性胆のうがん、慢性胆のうがん、胆のうポリープ、胆のう結石、総胆管結石、胆のうがん、胆管がん
すい臓 急性すい炎、慢性すい炎、すい石、すい臓がん、内分泌系腫瘍(※4)

※1)肝硬変により食道粘膜内にある静脈がふくらみ、コブとなった部分が食道静脈瘤です。

※2)胆汁が十二指腸に入る部分を十二指腸乳頭部といい、この部分にできた腫瘍が十二指腸乳頭部腫 瘍です。

※3)潰瘍性大腸炎、クローン病は、消化管に原因不明の炎症をおこす慢性疾患です。

※4)内分泌系腫瘍は、ホルモンを分泌する細胞から発生する腫瘍です。

消化器内科での検査

  • 内視鏡検査と組織検査(胃カメラ、大腸カメラ)
  • 大腸ポリープ切除術
  • 腹部超音波検査
  • 胃部レントゲン(バリウム)検査

内視鏡検査の流れ(大腸内視鏡)

胃・食道内視鏡検査の流れ

消化器内科スケジュール 

 
午前 福島
小林※1
福島 福島 福島 福島 1.松村
2.4.小林
3.加藤
午後 福島
小林※1
福島 福島 福島 1.松村
2.4.小林
3.加藤

赤文字は女性医師です。
*表中の数字は第何週かを表します。
※1 内視鏡検査が優先されます。

休診情報

  • 10月05日(土)終日  松村医師 休診(代診:福島医師)
  • 10月23日(水)終日  福島医師 休診

医師紹介

福島 啓太
福島 啓太(ふくしま けいた)
卒業大学 2007年 宮崎大学医学部卒
主な経歴 2007年- 日産厚生会玉川病院

2008年- 東京医科歯科大学医学部附属病院

2009年- 国家公務員共済組合連合会東京共済病院

2011年- 東京医科歯科大学医学部附属病院

2016年- 新宿海上ビル診療所
専門領域 消化器内科全般、特に消化管疾患

日本内科学会 総合内科専門医

日本消化器病学会 消化器病専門医

日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医

日本消化管学会 胃腸科専門医

日本肝臓学会 肝臓専門医

東京医科歯科大学大学院博士課程修了

受診される方へのメッセージ

ミラザ新宿つるかめクリニック院長の福島です。本院の新宿海上ビル診療所では大学病院在籍時より非常勤医として勤務させていただいておりましたが、2016年度より常勤医となり、2017年度からは消化器病センター長を務めて参りました。非常勤の頃から受診希望の方やリピーターの方の多さをみて、皆さまの当法人へのご期待を深く感じております。今後もそのご信頼に応えるべく精一杯努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 胃がん・大腸がんは日本人に多いがんでありますが、これらのがんの診断・治療には内視鏡が重要な役割を担っています。辛い検査というイメージが強く敬遠されがちですが、それを払拭するべく必要な方には鎮静剤も用いてできるだけ苦痛なく楽に検査を受けていただけるように心がけています。検査を受けられた方からの「前に受けたときより楽でした」「知人から辛いという話を聞かされていましたが大丈夫でした」というお言葉や、治療のために紹介させていただいた方から「早く見つけてくれたおかげで大事に至らずにすみました」というお言葉を頂戴いたしましたときには何よりの喜びを感じます。もちろん、内視鏡だけでなく消化器疾患全般を診療しておりますので、気になることがあれば何でもご相談ください。

小林 小の実
小林 小の実(こばやし このみ)
卒業大学 2011年 福島県立医科大学卒
主な経歴 2011年 青梅市立総合病院初期臨床研修医

2013年 柏市立柏病院 消化器内科

2015年 武蔵野赤十字病院 消化器内科

2016年 東京医科歯科大学 消化器内科

専門領域 日本内科学会内科認定医

日本消化器病学会 消化器病専門医

日本内視鏡学会 内視鏡専門医

受診される方へのメッセージ

ゆっくりとお話を伺うことを常に心がけて診療にあたっています。つるかめクリニックに来たことで、患者さんが少しでも幸せになれるように、頑張ります。よろしくお願いいたします。

加藤 順子
加藤 順子(かとう じゅんこ)
卒業大学 順天堂大学 平成8年卒
主な経歴 順天堂大学医学部附属順天堂医院 内科研修

順天堂大学医学部消化器内科学入局

順天堂大学医学部消化器内科学准教授を経て

現在、順天堂大学医学部付属消化器内科学非常勤講師



専門領域 順天堂大学医学部附属順天堂医院 内科研修

順天堂大学医学部消化器内科学入局

順天堂大学医学部消化器内科学准教授を経て

現在、順天堂大学医学部付属消化器内科学非常勤講師

受診される方へのメッセージ

専門は化学療法を中心としたがん治療ですが、その知識と技能を活かし消化器疾患全般の診療および内視鏡検査を担当しております。一般内科を含めどんなことでも気楽にご相談ください。