ブログBlog

月経困難症(生理痛)の原因と治療について

月経困難症(生理痛)の原因と治療について


  こんにちは、ミラザ新宿つるかめクリニック婦人科の佐野です。私は産婦人科専門医、女性医学会専門医であり女性のヘルスケアやピル・ホルモン治療を専門としています。今日は思春期から性成熟期年齢の女性に多い月経困難症についてお話しします。

 

  月経期間中に月経に伴って病的な症状が起こることを月経困難症といいます。この病的な症状というのは月経痛だけではありません。広くは腰痛や腹部膨満感、嘔気、疲労、いらいらなども含まれます。月経困難症には大きく分けて2種類あります。明らかな病変がない機能性月経困難症と病変がある器質性月経困難症です。

 

  機能性月経困難症は思春期~20歳台前半の若い女性に多く、診察をしても月経痛の原因になるはっきりとした病変はありません。しかし病変がなくても月経痛がでることはあります。月経時の子宮内膜ではプロスタグランジンという物質が産生されます。このプロスタグランジンには子宮を収縮させて月経血を外に排出する役割があります。しかし機能性月経困難症の場合、このプロスタグランジンが必要以上に産生されます。すると子宮が過度に収縮し病的な痛みが引き起こされます。また体の成長段階などで子宮の出口(頚管)が狭いことも原因になります。子宮の出口が狭いと月経血を少しずつしか出せません。出そう出そうとして子宮が過度に収縮するので痛みがでます。例えば調味料の容器の出口が詰まってしまった場合、たくさん振ったり、押したりしないと出てこないですよね。それと同じです。機能性月経困難症の場合、通常は月経の1~2日目に痛みのピークがあり、引きつるような痛みが周期的に来ることが多いです。




                       

 

 


  一方器質性月経困難症とは子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの器質的な病気に伴う月経困難症です。30歳以降の女性に多くみられます。

子宮内膜症は子宮以外の卵巣、骨盤内に本来ないはずの子宮内膜が増殖する病気です。病変の内膜も正常の子宮内膜と同じように月経の時には脱落し出血しますが、行き場がありません。このため局所で腫れや炎症を起こし、強い痛みを引き起こします。

子宮腺筋症は子宮の筋層の中に本来ないはずの子宮内膜が増殖する病気です。病変の内膜も月経の時には脱落し出血しますが行き場がありません。このため子宮筋層の中で出血が起き、子宮は腫大します。腫大した子宮は上手く収縮することができなくなり、月経量は増加します。また、腫大した子宮が経血を出すために収縮すると強い痛みが生じます。

子宮筋腫は筋肉の塊の良性腫瘤が子宮筋層の中にできる病気です。子宮は腫瘤によって厚くなり腫大します。腫大した子宮は上手く収縮することができなくなり、月経量は増加します。また、腫大した子宮が経血を出すために収縮すると強い痛みが生じます。

器質性月経困難症の場合、月経4-5日前から痛みが始まり月経後まで鈍い痛みが続きます。







 

 
  月経困難症の場合婦人科ではまず病変がないか診察で確認し、機能性か器質性かのどちらかを診断します。機能性月経困難症の場合、プロスタグランジンの合成を抑制する非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などの痛み止めが月経痛に有効です。痛み止めだけでは効果がない場合はホルモン剤治療(低用量ピルや黄体ホルモン剤)などの治療に移ります。漢方薬を併用することもあります。子宮発育不全に伴う月経痛の場合は子宮平滑筋の収縮を抑える鎮痙薬も有効です。一方、器質性月経困難症の場合はホルモン剤での治療が中心になります。ホルモン剤治療によって病変を縮小させることができる場合も多いからです。ホルモン剤治療でなぜ月経血の量が減るのか、病変が縮小するのかについては次回のブログで詳しく解説していきます。

 

ブログ一覧に戻る

院内見学受付中!

見学も随時受け付けておりますので
お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら