仕事終わりに手軽に健診

婦人科Gynecology

婦人科Gynecologyについて

健康診断および婦人科一般診察を行っております。より精密な検査や手術が必要と判断されるときは、適切な病院へご紹介いたします。

診療内容

子宮がん検診

内診、子宮頚部細胞診、経腟(または経直腸)超音波検査をします。
ご希望があれば、子宮体がん検査も可能です。

新宿区、中野区子宮がん検診

内診、子宮頚部細胞診をします。オプションで経腟(または経直腸)超音波検査も可能です。
内診ではわかりにくい卵巣の状態が観察できますので、この機会にあわせてご利用ください。

外来診察について

当院では症状にあわせ、低用量ピルホルモン補充療法黄体ホルモン放出子宮内システムなどのホルモン治療や漢方治療などを行っておりますので、ご相談ください。

子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣腫瘍
  • 子宮頚管ポリープ
  • 月経不順
  • 不正出血
  • 月経困難症(月経時の下腹痛、腰痛、吐気、頭痛など)
  •  月経期間中にはさまざまな症状がみられます。
  •  子宮などの病気が原因になっていることもありますので、婦人科でご相談ください。
  •  鎮痛剤、漢方、低用量ピルの処方や、黄体ホルモン放出子宮内システムの装着などの
  •  治療方法があります。
  • 過多月経(経血量が多い)
  •  ナプキンが1時間ももたない、経血に大きな血のかたまりが混じるなどの症状があるときや、

  •  症状はないが鉄欠乏性貧血を指摘されたときは婦人科を受診してください。

     子宮筋腫などの子宮の病気が原因になっている場合があります。

  • 月経前症候群(PMS)
  •  月経前にみられる精神症状(いらいら、怒りっぽくなる、憂鬱など)や

  •  からだの症状(下腹部膨満感、腰痛など)で、月経がくると症状が消失します。

  •  日常生活に支障があるときはご相談ください。漢方や低用量ピルなどの治療があります。


更年期障害

  •  更年期は性成熟期から老年期への移行期で、閉経前後の10年間位をさします。
  •  この時期に顔のほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、動悸、易疲労感、頭痛、肩こり、
  •  不眠、いらいら、不安感、抑うつ症状などの更年期障害がよくみられますが、
  •  症状は多彩で、障害の程度も個人差があります。
  •  日常生活に支障があるときは漢方やホルモン補充療法で症状を緩和します。
    •  簡略更年期指数
    •   症状の程度に応じて自分で○をつけ、その点数を元にして合計点で治療方針を考えます。
    •   強:毎日のように出現
    •   中:毎週みられる
    •   弱:症状として強くはないがある
    •   上記のように考えてください。

        • 症 状
           ①顔がほてる 10 6 3 0
           ②汗をかきやすい 10 6 3 0
           ③腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0
           ④息切れ・動悸がする 12 8 4 0
           ⑤寝つきが悪い、眠りが浅い 14 9 5 0
           ⑥怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0
           ⑦くよくよしたり、憂うつになることがある 7 5 3 0
           ⑧頭痛・めまい・吐き気がよくある 7 5 3 0
           ⑨疲れやすい 7 4 2 0
           ⑩肩こり・腰痛・手足の痛みがある 7 5 3 0
           合計点

自己採点評価法
 0~25点   上手に更年期を過ごしています。これまでの生活を続けてましょう。
 26~50点   食事・運動などに注意を払い、生活様式なども無理をしないようにしましょう。
 51~65点  医師の診察を受け、生活指導・カウンセリング・薬物療法を受けた方がいいでしょう。
 66~80点  長期的な(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。
 81~100点   精密検査を受け更年期障害のみである場合は専門医での長期的な対応が必要でしょう。

休診情報

  • 休診情報はありません。