ホルモン補充療法(HRT)はいつまでできる?

ブログBlog

ホルモン補充療法(HRT)はいつまでできる?

 こんにちは、ミラザ新宿つるかめクリニック婦人科の佐野です。私は産婦人科専門医・女性医学会専門医・抗加齢医学会専門医であり女性のヘルスケアやピル・ホルモン治療を専門としています。今日はホルモン補充療法(HRT)をいつまで行うかということについてお話しします。

 

 更年期障害でHRTを開始する際、患者さんにはしばしば「HRTはいつまでやったらいいのでしょうか」と聞かれます。HRTをすれば更年期症状は改善します。ただ閉経して女性ホルモンが低下するのは不可逆な的な変化で、HRTにこれを戻す作用はありません。そこで長期間にわたりHRTをすることに抵抗がある方もいらっしゃるでしょうし、逆に中止するのがこわいという方もいるでしょう。ではHRTはいつまで継続することができるでしょうか。

 

 ホルモン補充療法ガイドライン2017では「HRTの継続を制限する一律の年齢や投与期間はない」と記載されています。よって現状では必ず何年以内に終了しなければいけないという一定の決まりはありません。ではHRTをいつまで続けるかについて、どう考えればよいでしょうか。


 HRT
の代表的なメリットには更年期症状の改善、性交痛の軽減、骨粗鬆症の予防効果等があり、デメリットには乳癌や血栓症のリスク上昇等があります。そこで治療をどのくらい継続するかについてはHRTによるメリットとデメリットを評価しながら、個別に判断する必要があります。そこでまずはデメリットをできるだけ抑える事に重きをおく場合についてお話しします。

 

 大規模な研究では、エストロゲンと黄体ホルモンを併用したHRT5年以上の継続で乳癌リスクが上昇したと報告されています。この結果をもとに、現在では乳癌のリスクは5年未満のHRTの施行では上昇しないと考えられています。そこで5年未満での治療の完了を目標とするというのが現在は1つの指標になっています。周りを見ても多くの医師がHRTの投与期間をおおよそ5年で区切っている印象を持ちます。

 

 ただHRT施行中に発生する乳癌は何もない所から新たに発生するよりも、元々素因があった所にHRTが重なり促進され、発症すると考えられています。そこで乳癌の家族歴等のリスクがある場合、投与期間は上記の5年にかかわらず短ければ短いほどリスクは少ないと考えられます。そこで元々リスクがある、リスクはないけどホルモン剤に抵抗があるなど、デメリットを抑えることを第一優先に考える場合は、HRTを辞められるところで速やかに終了というのも1つの考え方です。ただ更年期の症状が数ヶ月で消失するという事は考えにくいので、最低でも1年程度の施行は想定しておかれるといいでしょう。

 

 HRTを終了しても症状が再燃しなければ問題ありませんが、HRTの終了とともに骨粗鬆症予防等のメリットも失われてしまいます。他の方法(運動・食生活改善・サプリメント)で代用する必要があります。また前述ではわかりやすく乳癌のリスクを例に出しましたが、子宮内膜症や子宮腺筋症などHRTで増悪する可能性がある病変がある場合なども上記と同様に考えることができます。


 ただ実際には、HRTを中止すると症状が再燃することはしばしば経験します。他院でのHRT5年で中止し、症状の再燃を期に当院を受診される方も多くおられます。更年期の症状は多汗やのぼせのみならず、不眠や精神不安などもあり、HRTを無理に中止すると生活が立ち行かなくなる事が往々にしてあります。では一方で、HRTによる乳癌リスクとは一般的にどの程度でしょうか。

 

 ある研究ではHRTをしていない10,000人の方に1年間で30名の乳癌の発症を認めました。一方HRT(エストロゲン・黄体ホルモン併用療法)をしている10,000人の方では1年間で38名の方が乳癌を発症されていました。これは1,000人がホルモン補充療法を1年間行うと、行わない場合に比べ乳癌の発生が3人から3.8人、つまり0.8人増えるということに相当します。この結果も含め、HRTによる乳癌のリスク上昇はアルコール摂取・肥満・喫煙といった生活習慣関連因子によるリスク上昇と同等かそれ以下とされています。

 

 そこでHRTの中断によって生活の質が低下する、あるいは低下することが予想される場合はHRTを継続するメリットがデメリットを上回ると考えられる場合もあるでしょう。このような場合は、今までの投与期間にかかわらず、HRTの継続を検討できると考えられます。そのためHRTガイドライン上も「HRTの継続を制限する一律の年齢や投与期間はない」としています。ただし長期間に渡りHRTを継続する場合、患者さんご自身がHRTを継続するメリットとデメリットについてしっかり認識し、理解を得た上で希望されることを前提にしています。もちろん定期的な検査は必ず受けて頂きます。また投与が長期間に及ぶ場合では症状や状況によってはHRTが保険適応にならない場合もありますので、個別に相談させていただきます。

 ただ中には意図せずとも、「そろそろやめどきかな」と思うタイミングが自然に来る場合もあります。HRT中に数日間薬を忘れたり、一時的に中止したりしたけれど、症状が再燃しなかった場合です。この場合、症状の再燃を心配せずに中止の方向へと持って行く事ができます。こういった終了の仕方が本来は理想的といえるでしょう。

 

 婦人科のページはこちらから


ブログ一覧に戻る

院内見学受付中!

見学も随時受け付けておりますので
お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP