ホルモン補充療法がいい?漢方がいい?

ブログBlog

ホルモン補充療法がいい?漢方がいい?

 こんにちは、ミラザ新宿つるかめクリニック婦人科の佐野です。私は産婦人科専門医、女性医学会専門医であり女性のヘルスケアやピル・ホルモン治療を専門としています。

 

 更年期障害の治療の選択肢にはホルモン補充療法(HRT)や漢方、サプリメントなどがあります。その中でも婦人科で保険診療としてよく使用されるのはHRTと漢方で、この2つは更年期障害の2大治療法といえます。そこで今日は、HRTと漢方の効果の違いや使い分けについて説明します。

 

 まず脳卒中や乳癌の既往がある場合など特定の条件では、HRTができないことがあります。その場合は漢方を治療に使用します。ではHRTも漢方も可能な場合はそれぞれの治療での得意、不得意はあるのでしょうか。



 はじめにHRTの得意な症状から紹介しましょう。更年期症状の代表的な症状であるほてりや多汗などの血管運動症状にはHRTの有効性が高く、優れているといえます。漢方でもある程度効くこともありますが、思う様に効果が得られないこともあります。また漢方の場合は改善する場合にも効果がでるまでに少し時間がかかります。一方HRTは効果が出るのも早く、「治療を始めてほてり・多汗がすぐに治まった」と言われる患者さんが多いです。また腟乾燥感や腟萎縮、性交痛にはHRTの効果が高いことが知られています。

                                                  

 では漢方が得意なのはどのような症状でしょうか。複数の研究によると興奮しやすい、ゆううつ、いらだち、不安感などの精神症状にはHRTよりも漢方の効果が高かったと報告されています。確かに更年期障害のため来院される方の中には、のぼせ・ほてりなどの症状は目立たず、漢方的な診察で気の異常の所見が強く現れている方もおられます。そういった場合は私もよく漢方を先行して治療に使用します。また冷え症やむくみにはHRTは効きにくいですが、漢方はよく効きます。

             

 ただしHRTには漢方にはない効用もあります。まずHRTは骨密度を増加し、骨折を予防する効果があります。また血管内のさび付きを予防し、動脈硬化を起きにくくする効果もあります。また女性ホルモンには糖代謝を改善したり、認知症のリスクを低下させたりする効果もあり、HRTにもその効果が期待されています。

 

 またこれは私見にはなりますが、更年期症状が非常に多彩で漢方の処方ではカバーしきれないような場合はHRTが全般的によく効く印象を持ちます。HRTを始めた患者さんに「のぼせ・ほてりだけが更年期症状だと思っていたけど、不眠やだるさなどささいな症状がすべてHRTでよくなって、これも全部更年期の症状だったと気付きました」と言われたこともあります。精神症状には漢方も有効ですがHRTにも抑うつ気分の改善効果があり、「HRTを始めたら穏やかになった、イライラしにくくなった」という患者さんも多いです。


 当院ではそれぞれのメリット、デメリットを説明した上でまず患者さんが何の治療を希望されるかを重視しています。最初からHRTを希望される方もいますし、「HRTには興味があるけどちょっと心配」という方には漢方での治療を先行し、効果が乏しければHRTということもあります。中にはHRTを希望されて来院されたけれど、検査結果を待つまでの間に処方した漢方が奏効したため、そのまま漢方のみを継続されるという方もいます。「ホルモン剤には抵抗があって」という方には漢方のみで治療を行います。

 

 もちろんHRTと漢方の併用も可能です。HRTで血管運動症状はとれたけど、イライラをもう少し改善したいという場合には漢方を併用するという具合です。両者にはそれぞれ得意、不得意がありますので、それぞれの性質を活かして治療に役立てていきたいですね。

 

婦人科のページはこちらから



ブログ一覧に戻る

院内見学受付中!

見学も随時受け付けておりますので
お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP