ブログBlog

月経困難症(生理痛)の治療 ホルモン剤について

月経困難症(生理痛)の治療 ホルモン剤について

  こんにちは、ミラザ新宿つるかめクリニック婦人科の佐野です。私は産婦人科専門医、女性医学会専門医であり女性のヘルスケアやピル・ホルモン治療を専門としています。今日は前回のブログ「月経困難症(生理痛)の原因と治療について」の続きです。

 

  前回のブログでは月経困難症の種類と原因についてお話ししました。月経困難症の場合は低用量ピルや黄体ホルモン製剤(ディナゲスト)等のホルモン剤での治療が有効です。今回はホルモン剤が月経困難症を緩和させる仕組みについて説明します。

 

  通常の性周期では月経が始まると卵巣に卵胞が育ち始めます。卵胞からはホルモンが分泌され、子宮内膜は排卵にむけて徐々に厚くなります。その後排卵が起きると内膜はさらにふかふかになり、妊娠に備えます。しかし妊娠しなければこの内膜は保てず排出されます。これが月経です。いつもの月経は毎回妊娠に備えて準備をしているから量も多いのです。

 

  ピルや黄体ホルモン製剤に含まれている黄体ホルモンは排卵を抑制し、女性ホルモンの分泌を抑えます。女性ホルモンの分泌が抑えられると、子宮の内膜は厚くなれません。また黄体ホルモンは子宮の内膜に直接働きかけ厚くなるのを抑えます。よってこれらのホルモン剤を飲むと月経量は減ります。月経量が減ることで月経痛は改善します。またホルモン剤には子宮内膜症や子宮腺筋症の病変も萎縮させる効果があります。子宮内膜症や子宮腺筋症の場合はホルモン剤の治療をすることで病変の悪化を防ぎ、縮小させる効果も期待できます。

 

  子宮内膜症の原因は月経血が逆流し骨盤の中に流入することとされています。機能性月経困難症では子宮の出口が狭いためこの月経血の逆流が多いと言われています。そのため機能性月経困難症の方は将来子宮内膜症になるリスクが高いことがわかっています。また子宮内膜症は腹腔鏡検査で直接お腹の中を観察しないと発見できない病変も多く、外来の検査では病変が見当たらないため機能性月経困難症と診断されることもあります。機能性月経困難症の場合でもホルモン剤を使用することで子宮内膜症を予防することができます。万が一内膜症が隠れていた場合は、ホルモン剤で病変を治療することもできます。

 



  ただ一つホルモン剤投与をするにあたり注意が必要な場合があります。器質性月経困難症の中でも子宮筋腫の場合です。子宮内膜症や子宮腺筋症の場合、病変は子宮内膜の成分と一緒なので、ホルモン剤を使うと病変は萎縮します。しかし子宮筋腫の病変は筋肉の塊なので、ホルモン剤で萎縮させることはできません。稀にホルモン剤の投与で大きくなることもあり注意が必要です。ただ子宮筋腫に伴う月経痛に低用量ピルやミレーナを使用してもほとんどの場合子宮筋腫の大きさは変化せず、月経痛の鎮痛効果が得られることが多いです。

 

  今回は器質性困難症の場合でも機能性月経困難症の場合でもホルモン剤を使用することで月経量を減少させ、月経痛を改善できることをお話ししました。子宮内膜症や子宮腺筋症の場合、早期からホルモン剤による治療を開始することで、その後の妊娠・出産への影響を少なくすることもできます。仕事や学校を休んでしまうほどのひどい月経痛には影に子宮内膜症が隠れていることがあります。一度婦人科の受診を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

      

 

ブログ一覧に戻る

院内見学受付中!

見学も随時受け付けておりますので
お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら